25.5.17-9.JPG25.5.17-9.JPG お陰様で前半の田植えが終わりました。 後半まであと1週間ほどあります。
 前半の最後は、農薬を使わないコシヒカリ、自然栽培コシヒカリです。

25.5.15-12.JPG 自然栽培の代掻きは1回で行うため、草がでて雑に見えます。

25.5.17-6.JPG 25.5.17-9.JPG 田植えの写真です。
25.5.15-1.JPG 25.5.15-3.JPG
 農薬を使わないため除草はチェーン除草を行います。
田植え後、活着(根が出始める)後、すぐに行います。担当は北野君です。


 中休みですが、苗や田んぼの管理があるので、われわれは休むことができません。(´д`)
雨が降って欲しかった。

 田植えを2回に分けて時期をずらすのは、
1.秋の収穫時期が、一時に集中するため、刈り遅れ等の被害を少なくする。
2.育苗ハウス、ライスセンターの稼働期間を長くする。(コスト削減)
3.適度に休日を作る。
 などの理由があります。

ところが、夏の天候によっては、この差がなくなり、秋の収穫は集中し、過酷な労働になることがあります。
天候に左右されやすい米作り、今年も豊作であってほしい。(^o^)