来年の肥料が、雨の中、入荷しました(^_^)26.12.20-1.JPG
 肥料などの資材を、年内に予約して、入荷すると春先に購入するよりも安いので、購入しました。
 JAからの肥料で、田植え時に田植機から、散布する肥料です。
ほとんどが、化学肥料で、田植え時に散布すると生育期間中は、施すことがいらないように、肥料成分が徐々に効くようになっています。
肥料をプラスチック?のような物で、コーティングして、溶けだす日数をコントロールしています。
一部有機肥料の入った物(特栽米仕様)もありますが、ほとんどは、化学肥料です。生育期間中、施肥の必要もないので、労力、コストの削減に役だっています。その上、収量はそこそこ穫れます。(^_^)
 肥料は、晴れた日に入荷して欲しいのですが、配送の関係で、天候を指定出来ません。
うちでは、雨が降っても肥料がぬれないように、ライスセンターの中で、パレット積みできるよう、狭いですが場所を空けています。

26.12.20-2.JPG
 今日は、4.5トン車3台分で、900袋/15kg近くの肥料が入りました。
雨だったので、ライスセンター内に仮置きし、晴れた日に格納場所に移動させます
26.12.20-3.JPG
 まだ、有機肥料も約700袋/20kg予約してあるのですが、この肥料の入荷は、工場の関係で来年になる予定です。
 来年に向けての準備は、着々と進んでいます。