先日、最後のお米も出荷し、作業場の中は、空っぽになったので、3日前より掃除を開始しました。

今日、作業場の掃除も終わり、来年に向けての準備が、それぞれの作業で進んでいます。

圃場では、畦塗り、弾丸暗渠による排水改善の作業を行っています。

 

秋の収穫期間、約2ヶ月間お世話になったライスセンター内の、乾燥機、籾摺り機、色彩選別機などの掃除も終わり、来春使用する育苗床土の搬入の準備ができました。

掃除には、スタッフ全員で約3日ほどかかります。

2ヶ月間で溜まった埃やゴミをきれいに除去します。

埃の舞い上がっている中での作業のため、マスクは必要です。

特に、籾殻庫の掃除は、大変です。前が見えないほどの埃の中での作業です。

また、目に埃が入るため防塵めがねをつけていないと埃で、目やにが出て、見えにくくなります。

籾殻庫の掃除の日は、さすが目やにで見えなくなり、早寝となりました(^o^)
朝起きて、目やにを取るとすっきりさわやか(^_^)、でも、赤い目をしていました。

 

幸いにも好天に恵まれ作業は順調に進み、無事終わりました。

もう、頭の中は来年に向けての準備でいっぱいです。(^^)/~~~