死ぬか生きるかという苦労を重ねて、

 キザにいえば死線を何回も越えていって初めて逞しい人間ができる

 川上哲治 (野球評論家)