人として生きたなら、

その証を残さなければならない

 八杉康夫 (戦艦大和語り部)