小さな清水が湧き続ける限り、池の水は新鮮

 鈴木秀子 (文学博士)