自然栽培のご指導をいただいた時、木村秋則先生から、秋耕はせず、春先の乾いたときに粗く耕起するよう教えて頂きましたので、今日、スピードカルチにより耕起しました。

田植えまで、2ヶ月(1ヶ月以上)なので、土を乾かし、微生物の繁殖を促します。
自然栽培もそうですが、有機肥料栽培も土を乾かすと稲体がしっかりし、おいしいお米がたくさん穫れます。

自然栽培の圃場は、稲刈り後に、サブソイラーにて弾丸暗渠を入れて、水の縦浸透をよくします。
農薬はもちろん、肥料も入れないため、稲の生育中充分な栄養分が供給されるか心配ですが、微生物の力を如何に上手に借りるかが、自然栽培のポイントの一つだと思います。

この秋に,美味しいお米がたっぷり穫れますように・・・。