先日、12日の写真です。
天気予報では、大雪予報が出ていたので、予想天気図をみると、等圧線をみていや~な予感。里雪型や(@_@)
朝すぐにトラクターの出動準備。

朝は、いつものように起きて、雪の中、ライスセンターまでトラクターをとりに行きました。
雪が50㎝ほどあり、歩くのがとても大変でした。久しぶりに新雪の中を歩きました。
雪の降ってくる方向はいつもと反対の方向からでした。
積雪が多いのと、前日からの、圧雪もあり除雪にはいつもの倍の時間がかかりました。

次の日も降ったので、除雪しましたが、今度は、すくなかったので、予定通り終了。

気温も上がり、雪はほとんど溶けたので、安心していたのですが、今度は、数年ぶりの寒波とのこと。

等圧線の向きも山雪型であったのと、風が強かったので積雪はあまりないと思いました。

でも、油断禁物。

前日にトラクターの準備。

  

今回の雪は、積雪は少なかったのですが、乾雪だったので軽く、低温であったため路面はすべすべ。
ゆっくりと転ばぬようにライスセンターへ。
 

路面が滑るので、狭い路地では、横の塀や建物にぶつかるかと心配で神経を使いました。

その上、滑るので、横の田んぼに落ちそうになったりして、除雪を行いました。

また、路面が凍っていたので、下の方にうっすらと雪が残りました。

 

ライスセンター前の道路は、雪でてかてか、川は氷ついて、水は流れていませんでした。

無事作業を終えましたが、もう雪は、要らないです。

田んぼへの水はこれで充分だと思います。

 

雪が降ると 夏場の虫が少なくなるといわれていますが、そうなるともっと降っても良いかなとも思います。
冬の寒さで虫が死んで少なくなるのではなく、雪解けの水と共に虫の卵や幼虫が流されるので、雪は欲しいですね。

でも、除雪不要、交通機関に乱れのない程度に降って欲しいです。

これからが、どんな天候になるのか、楽しみです。