お陰様で、10日午後、ひゃくまん穀の刈り取りをもって、29年産米の刈り取りが終わりました。

今年は、8月以降の日照不足などもあり、品質、収量なども心配されましたが、トータルすると平年並みの収量だったように思われます。
前半の品種は良かったのですが、後半の品種は、ほとんどが、昨年を大きく下回る収量でした。(´д`)
それでも、収穫出来たことに感謝し、最後の片付けと、来年へ向かっての準備をしています。