稲刈りを待つRC 稲刈りを待つRC

例年のように、お盆前に稲刈りの準備を済ませ、お盆はゆっくりと休みます。

とは、言っても水回りや事務の仕事がたくさんあります。

ビールなんか呑んでる暇はありません。(^O^)

昨日は、早生の刈り取り適期調査を行いました。

毎年の事ですが、最初の品種の時は、普及指導員のかたに見て頂き、刈り取り時期を決めます。

今年は、石川農林事務所のT普及指導員に、見て頂き、見方の指導もして頂きました。

収穫期調査 2

また、白穂についても、説明して頂きました。

収穫期調査 1

その結果、圃場によるばらつきが多いため、数回に分けて刈り取ることにしました。

お勉強

早生は集落の中やその周辺にあるため、生育にムラができ、一括で刈り取りすることは品質のバラツキなるのではないかということです。面倒くさい(´д`)ここまで来たのだから、一定の品質でお届けするにはやむをえません。

栽培期間中、圃場間格差がでないように、水管理や施肥などの肥培管理には、神経を使ってきたのですが、力足らずで(´д`)

刈り始めは、お盆明け、その後は、稲の様子をみて刈り進めていきます。

ここまで、災害も無く育って来たことに感謝して、収穫を待ちます。