暗黒を嘆くより、

一燈を点けましょう。

     (安岡正篤)