28.5.13si (1) 28.5.19 (1)

左は自然栽培6年目の圃場の代掻き前、右は慣行栽培の代掻き前。

光の関係で色はわかりにくいけど、5年間無肥料の自然栽培圃場の草の色が濃い。

なぜだろうか?
乾土効果でこれだけの窒素がでるのだろうか?

とすると、慣行栽培での窒素肥料施用は、無駄ではないだろうか?

自然栽培こしひかりの田植えに話を戻します。

 

粗く耕した土ですが、代掻きは簡単に1回行います。

その2日後、田植えをします。

 

今年は、高温であったため、苗はすくすくと育ち徒長苗になってしまいました。

それでも、頭を切りそろえず植えました。

肥料無し、除草剤無しのため、仕事は捗りました。

今年も秋にはおいしいお米がたくさん穫れますように・・・。