今年も先日から田植えが始まっています。

当地区では、用水に水が流れてくるのが、4月20日過ぎからで、水が用水に流れてくると田植前の準備として代掻きが始まります。

28.4.25 (2) 28.4.25 (5)

代掻き作業には、荒代、植代とよばれる作業がありますが、最近では、代掻き専用ロータリ(ドライブハロー)により、1回で代掻きをします。

代掻き後、3~4日してから、田植えを行います。

28.4.29 (2) 28.4.29 (8)

今年は、天候や田植機の関係で例年よりも2日遅れでの田植え開始となりました。

うちでは最初に夢ごこちから田植えをします。

すくすくと育った夢ごこちの苗を田植機で丁寧に植えて行きます。

田植えと同時に、有機質肥料や除草剤の散布などを行い、1工程でいくつかの作業をこなします。

植え終えた田には、水が深く張られ、苗が根付く(活着)のを待ちます。

 

これから、ひとめぼれこしひかりなどの田植えが始まりますが、終了は、1ヶ月後になる予定です。

無事に田植えが終わりますように・・・。