28.12.12tionntyousa (3) 28.12.12tionntyousa (2)

2月とは思えぬ暖かい日が続いたため、念願の調査を行いました。

自然栽培、農薬不使用の圃場の地温測定、越冬イネミズゾウムシの調査です。

 

上の写真は、地温を測定しています。

土の良し悪しを見る時、物理的、化学的、生物的な方面から、調査し、判断します。

うちでは、それらを測定する機器がないため、一番簡単な地温調査をして、土壌の良し悪しを判断します。(木村秋則氏より)

圃場に約50㎝の穴を掘り、上から、10㎝ごとに、地温を測ります。良い土壌だと下に行くに従って、地温が高くなっていきます。

数年前に測ったときは、稲のできの良い圃場は、下に行くに従って、地温が上がって行きましたが、出来の悪い圃場は下に行くと地温が下がったり、同じだったりしていました。

そのためうちでは土を乾かすために、サブソイラーによる弾丸暗渠を入れて、改善してきました。

トラクター http://vanva.net/blog/post611.html

今回の測定では、圃場によっては改善されてきていました。\(^_^)/

 

併せて越冬イネミズゾウムシの調査もしました。

28.12.12inemizutyousa (5) 28.12.12inemizutyousa (19)

イネミズゾウムシは、外来の害虫で、うちでは、農薬不使用の圃場では、収量にも影響を及ぼすほどの害虫です。

この虫は、田植え後の稲の茎に付いて、卵を産み、茎や根を食べてしまいます。そのため、茎が増えず、穂もすくなくなり、お米が穫れなくなります。

この虫の発生が無ければ、収量も増え、安くお客様にお届け出来るのに・・・。

いろいろと対策はとっているのですが、現在、これと言った対策はありません(´。`)

今回の調査では、ほとんど確認できませんでした(´。`)

ひょっとしたら、他からの進入があるかもしれません。

田植えまでに、対策を考えなければ、一昨年のように収量皆無になるかも・・。
何か、良い方法があったら、教えてください。