28.1.28 (1)

昨日、日本政策金融公庫 農林事業部主催のフードネット北陸の講演会を聴きに行ってきました。

演題は、ものづくり経営の基本 で講師の先生は、元マツダ取締役購買本部長、元西川化成代表取締役社長の稲林章さんでした。

どん底の会社を建てなおされた手腕はさすがだと思いました。それが出来る方だからこそ、派遣されたのではないでしょうか?再建されましたが、大変ご苦労なさったと思います。

いろいろとお話のあった中で印象に残っているのは、まず、社員さんの良さ(まじめさ)を活かされた事ではないかと思います。普通は、欠点を直す事から入るのですが、良さを活かしながら、ひとつづつ欠点を直して行かれた事です。

その他、3Sとか、PASSION、5ゲン主義とかいろいろありましたが、特に何回も言われて印象に残ったのは、「仕事の仕組みを変える」という言葉でした。

1日経っても、頭の中には昨日の講演が離れず、あらためて講演記メモをみて、自分の経営にはどうであるか、考えています。

実体験からくる、本人の話は、説得力があり、とても勉強になりました。

久しぶりにすばらしい講演を聴かせて頂き、目から鱗が落ちるようでした。(^o^)

今回の講演会を、主催して頂いた 政策金融公庫の皆さんに厚くお礼申しあげます_(_^_)_

 

その後の、懇親会には、私用で参加できなかったことが、ちょっぴり心残りでした(´。`)