sirokaki sirokaki

農薬を使わない圃場を代掻きしました。

除草を目的として、おこないました。
冬期湛水することにより、とろとろ層という層を作り、雑草の発生を抑えるという方法での米作りです。

他には、田を乾かし、乾土効果により、米を栽培する方法も行っています。

この冬期湛水は、3年目を迎えました。
初年度は、滋賀県の中道さんのご指導を頂きおこないました。

今年は、耕起、代掻きと春作業と同じ流れで行いました。

というのは、昨年から、水を用水に流す許可を生産組合から頂いたのです。

これが良いかどうかは解りませんが、とりあえずこの方法で今年は行ってみます。

 

2年間行ってきて、確かに除草特にヒエに効果があったように思われます。

農業は、草との闘いですが、方法を変える事により、雑草の被害を少なくしていきたいです。