27.3.31 (16).JPG 
 先日蒔いた 夢ごこち、峰の雪もちの芽が出てきました。
日の当たらない暗いところにいたため、芽は真っ白です。
きれいな白さです。この後、遮光資材等により、徐々に明るさにならして行きます。
直射日光に当てると、芽が、白化したり黄化したりします。
天気の良い日だとこの現象になりやすいので、遮光資材をかけながらの並べ作業となります。
並べた後、天気が良いと2日で緑色になります。
 この作業は、1年の農作業の中で、1番つらい仕事です。
ハウスの中は、暑い、苗箱は重たい、腰が伸ばせられない、腰が痛い。(´д`)
朝晩の涼しいときにすれば、良いのですが、何せ量が多いので、午前中に行います。

 朝のうちに、育苗器から出して育苗ハウスへと運びます。
27.3.31 (17).JPG 27.3.31 (1).JPG
 パレットに積まれた苗箱をハウスに入れます。
うちのハウスは、道との段差があるので、車が入れないので、台車に乗せ替えてから、搬入します。
27.3.31 (11).JPG 
 1箱1箱片がりがないように並べて行きます。
暑く、つらい作業です。休み休み行います。
27.3.31 (2).JPG
 並べ終わった後は、遮光ネットをかけて、置きます。
灌水は、乾いておれば行いますが、地温が下がるため、出来るだけかけず次の日の朝にかけます。
 2~3日すると、緑色に変身して苗らしくなります。
 お楽しみに(^o^)
 健苗に育ってくれよ_(_^_)_