昨日は、冬至。柚湯に入って気がついたのだけど、浮く柚と沈む柚があった。
それが、特に気になった。答えは簡単、沈む柚は比重が重たいから沈むのだ。
 だが、比重の重たいのはなぜ?
 たとえば、大根などは、葉っぱを取って水に浮かすと実の充実した大根は沈むが、実の充実していないのは浮く。おいしい大根は沈むと言われている。
 柚の場合も同じ?柚の皮に穴が空いていてお湯が入って重くなった?浮く柚は、空気がたくさんある?
実は、昨日から、悩んでいます。
(@_@)
 学生の頃、果樹園芸で習ったような習わないような?今日1日、悩んでいました。
 柚がたくさんあるので、今日も柚風呂の予定。ゆっくり風呂の中で考えます。
 どなたかご存じの方、教えて下さい。御願いしま~す。
☆ むっちゃんは、時々ツイッターでつぶやいています。