久しぶりの上京です。今日は午後から、某農業ソフトの認定アドバイザー大会に出席のため東京へ。
 この会社は農業用ソフトの先駆的会社で、もう20年以上お世話になっている。
会社設立前の個人経営の時代からのおつきあいです。
今のようにWindows ではなく、MS-DOSの時代でした。
 当時は農作業日誌、農業簿記、水稲生育診断ソフトなど農業関係のソフトが揃っていました。
農業簿記、水稲生育診断ソフトは現在使ってませんが、農作業日誌、地図ソフト、顧客管理ソフトを使っています。
 これらの3ソフトはうちの経営にはなくてはならないソフトです。
言葉を換えれば、農機具のようなものです。
 農作業日誌は、労務管理を中心に使ってます。
 地図ソフトは、圃場の地図を品種別に色分けし、各農作業車(トラック、トラクター)にのせて、圃場の確認に役立てています。
現場ではこのソフトがとても重宝されています。
このソフトの最大の良さは、圃場面積の計算が自動で出来ると言うことです。
作付け計画策定時に品種構成を決めるのに役立っています。
 顧客管理ソフトは、最初は農業用からのスタートでしたが、今では汎用性のある顧客管理ソフトを使ってます。
 簿記ソフトも使ってはいたのですが、税理士の先生との関係で今は使ってません。
 第2の農機具としてパソコンの普及、それに関わるソフトの開発利用、就農したときには考えられませんでした。
でも、今ではなくてはならない物となってしまいました。
うちのようなところでも、事務所にはパソコン4台が並ぶそんな時代になってきました。
 

 ということで、出発の荷物をまとめているときに気がつきました。
時代の移り変わりとともに荷物の中身がかわっていることに・・。
 以前より、増えた荷物は、飲み薬、湿布など体に関わるもの、年のせいなのかちょっと寂しさも・・。でも、パソコンも持って行きます。
 今日も訳ありで電車で、明日の晩に帰宅予定です。
安全に行ってこられますように・・・。