ある事業の事務局より、「収益金から、東北のある市の学校給食にお米を送ってくれ。」と言われ、ひとめぼれ 360kgを送りました。

24.12.1-5.JPG 24.12.1-2-1.jpg
 最初、このお話をお聞きしたときに、耳を疑いました。


 今年は学校給食に地元産のお米を使っているのかと思っていました。
放射能検査も行い、安全宣言されたお米は、東京などで販売されています。
それなのに足りないのですね。
 われわれ他県の者にとって、現場の真実が知らされていないように思います。
 早く放射能の影響がない生活を送られるよう応援してあげたいです。




  私のML仲間のがんちゃんも原発で被災しました。福島県楢葉町で被災しました。

 昨年、避難先の千葉の自宅を訪れましたが、言葉が出ませんでした。
今年は、福島に戻っていますが、早く元のように農業ができるようになって欲しいです。